W88は2013年にイギリスで設立されたMARQUEE HOLDINGS LTDの運営するブックメーカーで、日本では2015年からサービス提供を開始した比較的新しいブックメーカーです。

 

また、正式な審査と取得後も定期的な監査、健全な運営が求められるフィリピンの国際ゲーミングライセンス(Interactive Gaming License 079-03)を取得しており信頼性があります。

 

さらに、非常に審査が厳しいといわれるマルタライセンスも取得し、レスター・シティとスポンサー契約を締結しました。

 

W88の特徴

マルチデバイスに対応

 

Windows・Mac・iPhon・Android・フィーチャーフォン対応でアプリでもブラウザでもベットが可能。

 

キャッシュアウト機能がある

 

ゲームの途中でも試合状況を判断し、終了を待たず早めに損切や利益確定ができます。

 

5つのブックメーカーでベット可能

 

a-スポーツ・e-スポーツ(アジア)・e-スポーツ(ヨーロッパ)・I-スポーツ・x-スポーツのオッズを見比べながらベットできます。

 

最短最速の出金スピード!

 

W88は出金申請から出金処理まで最短10分です。国内銀行へも出金できます。

 

W88の入金方法

 

W88への入金はecopayzかiwalletを使います。ビーナスポイントもW88への入金に使えます。(ビーナスポイントは基本的に出金のみのサービスで、入金はできません。)

 

最小入金額(1回あたり) 最大入金額(1回あたり) 手数料
ecopayz 20ドル/2,400円 5,000ドル/100,000円 無料
iwallet 20ドル/2,400円 5,000ドル/100,000円 無料
ビーナスポイント 20ドル/2,400円 5,000ドル/100,000円 無料
アストロペイ 10,000円 100,000円 無料

 

好きなスポーツに賭けよう!「スポーツベッティング、ブックメーカー」の始め方


インターネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを、「スポーツベッティング」と言います。プレーの流れは簡単です。


①利用したいブックメーカーのサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップです。以下で、基礎知識と始め方をまとめているので、参考にご活用ください。



好きなスポーツへ賭ける面白みがあります



ブックメーカーの各種メリットを解説



ブックメーカーを始めるために必要なことまとめ



ブックメーカーの豊富な入金方法について解説



ブックメーカーの仕組みや、賭け方の基礎知識



勝利金(利益)を出金するための方法を解説


日本語対応の中で特に使えるおすすめブックメーカー2社。


ウィリアムヒルと、Sportsbet.ioに登録をして、ウィリアムヒルをメインに利用するのがおすすめです。これらの2社は、初心者から上級者まで幅広く使えます。


1.ウィリアムヒル


1934年創業の老舗ブランド。初心者から上級者まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭け方が圧倒的に豊富で、入出金ごとに現金キャッシュバックもあります。メインとして使用必須でしょう!(当サイトからの口座開設で特別特典あり!




2.スポーツベットアイオー


ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられるブックメーカーサイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継を無料で観られるので、スポーツが観たい時にも便利です!登録は15秒で完了します!




ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほかに、下記のネット口座も広く使用されています。ブックメーカーのアカウント開設と合わせて、下記のネット口座(エコペイズ・sticpay)も無料で開設しましょう!

1.エコペイズ


ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座!銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、自分の口座への引き出しも簡単です。




2.Sticpay


10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座です。法定通貨&仮想通貨を分けながら残高を管理できるので、稼いだビットコインをそのまま保有しておけます。さらに専用カードでATM出金もできます。