ブックメーカーの当サイト限定ボーナスキャンペーン!

ブックメーカーに税金はかかる?

ブックメーカーでいくら稼いだら確定申告が必要であるかや、計算方法について解説します。

ブックメーカーでいくら稼いだら確定申告が必要?計算方法について。

ブックメーカーで得た利益から、必要経費を差し引いた額が課税の対象となります。3つのポイントを抑えておくと分かりやすいです。

・年間の利益
・年間に投資(賭けた)した金額
・利益から投資した金額を差し引いた合計金額

その年の1月1日から12月31日までに得た利益より必要経費を差し引いた額が50万以上の場合は確定申告が必要です。50万以内なら申告は必要ありません。

必ず一年を通じて計算しましょう。

ブックメーカーは特別控除扱いで50万以内で申告の必要がありません。

ブックメーカーは区分は、ギャンブルの枠に入るので、特別控除というものが設けられてます。

仕事をしている人の場合、給与所得以外で年間20万以上なら申告が必要です。
仕事をしていない人の場合、年間38万以上なら申告が必要です。

税務上の区分は、雑所得の扱いになります。本業の収入とは別に、年間20万円以上を稼いでいる人は確定申告を行う必要があります。

収入と税率について

国税庁のHPを見ると、税率の割合が説明されています。

引用:国税庁 所得税の税率

経費も申告しましょう

収入を得るためにかかった経費を領収書やレシートなどで保管しておきます。収入ー経費=利益(課税対象)となりますので、なるべく領収書は持っていた方が良いです。

例えば、

ブックメーカーのためにパソコンやスマホの購入費
毎月のスマホの料金やインターネットの通信費

などが経費になります。
領収書や明細を残し、税理士に依頼することもできます。

申告の時期

毎年2月16日から3月15日です。

まとめ

  • ブックメーカーで所得を得た場合には、確定申告が必要
  • 確定申告をしなかった場合、税金を余計に払わなければならない
  • 節税には経費の形状が必要不可欠である
  • 雑所得のほうが経費の範囲は広いが、一時所得は特別控除などがある
  • ブックメーカーで得た所得は一時所得か雑所得になる
  • 住民税は自分で納付すれば原則会社にバレない
  • 不明点は、税務署や税理士に相談する

ブックメーカーで多くの所得を得た場合、確定申告は必要不可欠なものです。早めに収入や経費を計算し、場合によっては税務署や税理士も活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です