ブックメーカーの当サイト限定ボーナスキャンペーン!

ブックメーカーの魅力やメリットについて。

ブックメーカーの魅力やメリット、デメリットについて解説します。

ブックメーカーのメリット

まずは、ブックメーカーのメリットから解説します。

少ない資金でも大きく稼げる

ブックメーカーの一番のメリットは、「少ない資金でも大きく稼げる」という点だと思います。

少ないお金を大きく増やすには、リスクが比例して大きくなりますが、ブックメーカーでは、その様な大きなリスクがなく月利○○○%を出すことができます。

賭けた分しか損失がなく、最悪0になるだけのリスクしかありません。稼げるノウハウで賭け続ければ、どんどん資金は増えていきます。
ローリスクで何倍にもお金を増やすことができる投資は他にはないです。

還元率が高い

ブックメーカーは、他のギャンブルに比べて還元率が高いです。

パチンコや競馬は、とても還元率が低いです。パチンコや競馬でトータルで利益を出せている人はほとんどいないと思います。一方で、ブックメーカーは利用者が利益が出しやすい仕組みになっています。

もちろん、胴元が必ず得をするようになってはいますが、還元率が高いのでちゃんと取り組めば利益を出すことが可能です。
多くの人がブックメーカーをしているのは、利益を出しやすいというのが大きな理由です。

スマホだけでも稼げる

FXや株で、いくつものモニターでチャートを見たり、整備された環投資をするイメージがあると思います。しかし、ブックメーカーはスマホだけで稼げます。スマホを開いて、対象となる試合にベットを賭けて後は待つだけです。ブックメーカーは外でも気楽に稼げるというのが大きなメリットです。

難易度が低い

ブックメーカーは株やFXなどよりも難易度が低く、コツをつかめば初心者からでも利益を出しやすいというメリットがあります。
難易度が低いというのは、収入を増やしたい方にとっては希望となると思います。

ブックメーカーのデメリット

規制されることがある

ブックメーカーをやっていて、不自然に勝ち過ぎると規制される可能性があります。

アービトラージ(両建て)をすると、Maxベット規制や出金規制がかけられます。(※ピナクルの様にアービトラージを推奨しているところもあります。)また、低オッズで勝ち過ぎるのも、規制の対象となりえます。

ブックメーカーは日本ではグレーゾーン

日本では、賭け事は法律に反する行為です。ブックメーカーも賭け事なので、法律的にはNGです。しかし、胴元のブックメーカーの会社がイギリス政府に認められている合法なものなので、日本ではグレーという立ち位置になっています。なので、完全に合法というものではないということは認識しておいてください。しかし、カジノ法案が進み、カジノが日本にもできたらブックメーカーも合法的な扱いになる可能性はあるでしょう。

まとめ

ブックメーカーは、収入をアップさせるという点においては、メリットが多く、難易度が他の副業や投資よりも低いです。
ブックメーカーに興味がある方は、これから始めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です