ecoPayz(エコペイズ)の概要

 

 

ecoPayz(エコペイズ)はオンラインカジノでの入出金手段として、オススメの電子決済サービスです。このページでは、エコペイズの特徴や仕組みを解説します。

 

ecoPayz(エコペイズ)の特徴について

 

日本語サポート対応で安心

 

ecoPayz(エコペイズ)は、PC・スマホ・サポートのすべてが日本語対応です。サポートも日本語対応なので、万一トラブルなどがあったときも安心です。

 

NETELLER(ネッテラー)に似た電子決済サービス

 

今まで、ブックメーカーの入出金手段といえば、電子決済サービスの中でも高い安全性と利便性を持つNETELLER(ネッテラー)が主流でしたが、2016年9月15日をもってブックメーカー利用目的での入出金ができなくなってしまいました。

 

ほぼ全てのブックメーカーがNETELLER(ネッテラー)に対応しており、プレイヤー間でもNETELLER(ネッテラー)を利用するのが主流でしたが、そんな時に注目を浴びたのがこのecoPayz(エコペイズ)です。

 

ecoPayz(エコペイズ)は高い利便性と安全性を兼ね備えています。現在では多くのブックメーカーが決済手段として採用しています。

 

ecoPayz(エコペイズ)の運営元はどんな企業?

 

 

ecoPayz(エコペイズ)の運営元は、「PSI-Pay Ltd.」です。

 

イギリスの企業で、FCA(英国金融行為規制機構)の電子マネー部門の許可を受けてecoPayz(エコペイズ)を運営しています。

 

日本でいうと金融庁に当たり、政府の統制下にある機関です。つまりecoPayz(エコペイズ)はイギリス政府の許可を得て運営されている電子決済サービスなんです。

 

政府が関わっているので、安全性・公平性に関しては信頼性が高いことがわかります。

 

オンライン電子決済サービスとは?

 

ecoPayz(エコペイズ)は、オンライン電子決済サービスの一つです。オンライン電子決済サービスとは、簡単に言うと、インターネット上に口座を作ってそこから送受金できるサービスのことです。

 

ネットにあるお財布からお金を送ったり受け取ったりするとイメージすれば良いでしょう。

 

ecoPayz(エコペイズ)の入金方法

 

現在可能な入金方法は、下記の3つです。

 

【エコペイズの入金方法】
  1. 国内銀行振込(ローカル入金)
  2. 仮想通貨
  3. 海外送金

 

国内銀行への振込が可能なローカル入金がおすすめです。

 

シルバーエコアカウントにアップグレードする

 

アカウントを作成した状態は、Classic ecoAccountと言います。

 

このままでは、銀行への出金ができないのでSilver ecoAccount(シルバーエコアカウント)にアップグレードします。

 

下記の3つを進めてください。

 

・Eメールアドレスを確認
・セキュリティの質問を設定
・身元を確認

 

【身元を確認】の承認は1営業日かかります。

 

顔の確認できる身分証(運転免許証・住民カード/マイナンバーカード・パスポートのうち1つ)と住所確認用の身分証(住民票・公共料金請求書・銀行の取引明細のうち1つ)が必要となります。

 

また、入金・出金を行うためにはカードの登録が必要なのでクレジットカードの用意もしておきましょう。

 

エコペイズのまとめ

ポイント

 

・安全性が高く、セキュリティーが万全である

 

・年会費無料で利用を開始することが出来る

 

・サポート体制が充実しており、日本人による日本語サポートもある

 

・各種モバイルにも対応している

 

口座の開設方法などは、下記をご参照ください。

 

 

好きなスポーツに賭けよう!「スポーツベッティング、ブックメーカー」の始め方


インターネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを、「スポーツベッティング」と言います。プレーの流れは簡単です。


①利用したいブックメーカーのサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップです。以下で、基礎知識と始め方をまとめているので、参考にご活用ください。



好きなスポーツへ賭ける面白みがあります



ブックメーカーの各種メリットを解説



ブックメーカーを始めるために必要なことまとめ



ブックメーカーの豊富な入金方法について解説



ブックメーカーの仕組みや、賭け方の基礎知識



勝利金(利益)を出金するための方法を解説


日本語対応の中で特に使えるおすすめブックメーカー2社。


ウィリアムヒルと、Sportsbet.ioに登録をして、ウィリアムヒルをメインに利用するのがおすすめです。これらの2社は、初心者から上級者まで幅広く使えます。


1.ウィリアムヒル


1934年創業の老舗ブランド。初心者から上級者まで長く使い続けられるブックメーカー。特殊な賭け方が圧倒的に豊富で、入出金ごとに現金キャッシュバックもあります。メインとして使用必須でしょう!(当サイトからの口座開設で特別特典あり!




2.スポーツベットアイオー


ビットコインや日本円などを使い分けて賭けられるブックメーカーサイト。会員特典としてサッカー・テニス・野球・バスケなど各種スポーツの生中継を無料で観られるので、スポーツが観たい時にも便利です!登録は15秒で完了します!




ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほかに、下記のネット口座も広く使用されています。ブックメーカーのアカウント開設と合わせて、下記のネット口座(エコペイズ・sticpay)も無料で開設しましょう!

1.エコペイズ


ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座!銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、自分の口座への引き出しも簡単です。




2.Sticpay


10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座です。法定通貨&仮想通貨を分けながら残高を管理できるので、稼いだビットコインをそのまま保有しておけます。さらに専用カードでATM出金もできます。